恋愛毒りんご

一度口にしてしまったら本物の王子様が現れるまで目が覚めることはない。

付き合ってはいけない男、傷つく恋愛をしないために

スポンサードリンク


世の中には自分が想像もできないような

心の闇を抱えている男性や

幼少期を過ごしてきた男性がいます。

女性は女性のコミュニティーの中で

自分の心の傷を知って

乗り越えようと自分に向き合うことをするのに対して

男性は自分の感情に向き合うということを

あまりしません。

なので

あなたがもし傷つくような恋愛ばかり繰り返しているのなら

それはあなたが選ぶ相手を間違えている可能性が高いです。

あなたを傷つけてくる男性は

総じて魅力的で

どこか子供っぽくて

時に男らしくて

私が支えてあげよう

と急速に惹かれていくことが多いでしょう。

今日はあなたを傷つける男性の特徴を知って

そのような男性を選ばないようにするためのお話しです。

同情をひいてくる男

例えばあなたに好きな人がいて

その彼と仲よくなってすぐに

自分の不幸な生い立ちや

自分の過去のトラウマや嫌だったことを

好きな人に話すでしょうか?

好きな人には隠したい部分ですよね?

なのにそれをあなたに簡単に話てくる。

ましてや男性が。

おかしいと思いませんか?

そうです、

サイコパス男性や

自己愛男性、回避依存の男性等もそうですが

あなたを最大限に傷つける男は

同情を引こうとしてきます。

同情を引こうとしてきたら

あなたのことを本当に愛している相手ではありません。

自分の思いどうりにあいてを動かして

自分の利益を取りたい男性だと思いましょう。

家庭環境が悪い男性はやめたほうがいいでしょう。

親にDVされたことがある

親が離婚して再婚して腹違いの妹と住んでいた。

等本人が反面教師にしている場合は別ですが

このような男性で服装がイケイケだったり

ふとした瞬間にみせるきつい顔を

するような男性であれば

見落とさないようにしてください。

ノリが軽い男

あなたをデートに誘うのに

軽くノリノリで誘ってくるような男性。

メールのノリが軽い。

短い文章を 「。」すらなく

何度もおくってくる男。

例えば

「ちがう!」

「土日」

「2人で」

「俺と君」

「デートしよ」

「映画も見よ♪」

「ok?」

こんな感じの男性です。

このような男性はあなたに本気で

興味があってあなたを口説いているわけではありません。

本気の男性は

「ごめんごめん、言い間違えたんだけど、

今週の土日空いてるかな?

もしよかったら映画でもどうかなと思って♪

もちろん2人でなんだけど、いいかな?」

こうですよーーーーーーーーーー!!!!

この違いわかりますか?

軽いノリで送ってくる男性は

元カノが忘れられないとか

他にも女がいるとか

完全にあなたを下に見ているから

余裕全開でじきにモラハラになるか

音信不通になる男性も多いです。

このように軽いノリ男は

何かしらを持って

あなたを傷つけてきます。

付き合ってから態度が急変することもあるのは

このタイプの男性です。

そして残念ながら嘘も上手です。

目が死んでる男性、破棄がない男性、暗い雰囲気が漂う男性

目が死んでいる男性も要注意です。

目は心の窓です。よーーーーーーく

観察してみてください。

目が死んでいませんか?

目の奥がキラキラ輝いていますか?

片方はあなたを見て片方は違う方を向いていませんか?

なんか彼といると暗くなる

なんかかわいそうになってくる。。。

このような男性はしばらくしてから急変する

タイプが多いです。

とにかく目を見てください。

目を見ていれば、だまされることも少なくなります。

手をだすのが早い男

本当にあなたのことを好きな男性は

あなたに急速に近づいてきません。

もっと慎重になります。

出会ったその日にキスしてくる男性や

君の家に行きたいと言ってくるような男性

すぐにデートしよう等と言ってくる男性

それも終電間際。

初めてのデートで映画で手をつないでくるような男性

どれも本気ではありません。

でも彼は優しいですか?

そうです、

あなたをものにするまでは

彼はとことん

あなたに優しくしてくるでしょう。

急速に近づいてくる男性は

他の女性にも急速に近づきます。

そして最後に言いたいのは

あなたは必ず

第一印象で

彼はやばい!と気づいています。

気づいていたのに彼が魅力的で

行ってしまった。。。

そして彼にとことん傷つけられて

抜け出せない毎日を送っている。。。

絶対どこかはじめに

彼の危険を感じとっています。

それが私達のもっている本能だからです。

それを無視して突っ走ると

傷つく恋愛ばかりするはめになってしまいます。