恋愛毒りんご

一度口にしてしまったら本物の王子様が現れるまで目が覚めることはない。

婚活でどんな男性を選べばいいのか、失敗しない結婚相手、期限を決める

スポンサードリンク


婚活をしている女性はとても多いのではないでしょうか?

実際私がもらう相談でも婚活が圧倒的に多いです。

婚活にいい人がいない、どうすれば運命の相手に出会えるのでしょうか?

今からその方法についてお話します。

婚活の成功率を上げる!絶対結婚したい!もう疲れた。。

婚活を続けていれば絶対に結婚できます!

不安にならないで対策を考えましょう。

疲れてしまった方は出会いの方法を婚活アプリからスポーツや趣味の方にもっていくといいかもしれません。

そして30を過ぎると女性の目も厳しくなりますが、男性も厳しくなります。

同じような条件で若い子がいればそちらに行ってしまいます。

自分の特技を生かして何かを始める、

特技、趣味イコール自分のカラーになるのでそれを磨きましょう。

30歳くらいになれば社会で気をつかうことも習得しているので

それほど相手に対しての気遣いなどを気にする必要はないかなと思います。

結婚とは生活なので自分の素を出していける人がいいですよ。

婚活でいい人を見つける方法、運命の相手を見つける

まず自分がどんな人と出会ってどんな生活がしたいのか

細かく書いてみましょう。

やみくもに婚活をして、

結婚相手を探してみても見つかりません。

まず、婚活ノートを作ってみましょう。

そこのノートに書いたことはすべて叶うと信じます。

30歳の女性でだいたい婚活アプリで7人に会えば

1人は自分を気にいってくれる人が現れて、内一人はやりもくです。(気をつけましょう)

付き合うまではカフェやレストランで会うようにしましょう。

 

そしてプロフィールである程度は絞ります。

やみくもにあってもエネルギーを消費してしまうだけです。

もしあなたが好みにうるさいのであれば50人には会いましょう。

そしてその中で自分のことを溺愛してくれる人だけを残し、

自分を溺愛してくれそうな人とデートを重ね、1人を選びます。

50人に会えば、内7人ほどはあなたに興味をもってくれて

溺愛してくれる可能性が高いです。

期限を決めること、その中で出会った人に決めること

私に相談をくれる婚活を行っている方の半分ほどは

もう1年以上婚活をしています。

私はもっと1か月にたくさんの人と会う努力をして

決めるということをした方がいいとお伝えしています。

例えば出会いを探す期間は3か月。

これ以上は探さないこと。

もっと早くしたい方なら月に20人ほどは会って2か月以内に決める、

30を超えていたら1日でも早く婚活をしたほうが

いい相手がみつかるのは事実です。

婚活をしているとどんどんどんどん自分の中で条件があがっていきます。

しかし普通にお付き合いを始めるときにそこまで考えませんよね?

付き合ってみないとわからないというのも本音です。

とりあえず、いいなと思って自分に好意がありそうだなと思えば付きあってみる、

これが大事なのではないでしょうか。

たった一人を探すために、しかも付き合う相手を探すためだけに

半年以上もついやしていたら時間がもったいないです。

失敗しない相手は自分を溺愛してくれる男性です。

男性は溺愛していないとプロポーズまではいきません。

女性から無理に好きにさせるようにしむけてもかなりの時間がかかりますし、

はじめから溺愛してくれる男性とは

勢いも愛され方もちがいます。

結婚生活で溺愛されていないとかなりきついです。

自分を溺愛してくれる人とだけ付き合いましょう。

↓男性への自分の見せ方を勉強して溺愛される女性になる方法

 

 

 

↓人気記事