読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛毒りんご

一度口にしてしまったら本物の王子様が現れるまで目が覚めることはない。

恋人もいない、友達もいない、一人ぼっちな方へ

スポンサードリンク


フェイスブックをやっているとなんでみんなにはあんなに友人がいるのに自分には誰もコメントしてくれないんだろうと誰もが悲しくなったことがあるのではないでしょうか?友人にたくさんかこまれている人は器用だなと思い、うらやましくもなりますが、でも友人が少ない人のほうが信用できる人間であることが多いです。

まず恋人がいない人は、身なりをきちんとして素の自分を出し、かつ同じ目的の異性(結婚)に会えば、大体30歳の場合、7人会えば1人自分を好きになってくれる人が現れると以前から記事でお伝えしています。

その自分を好きになってくれる人と相性が悪い場合はもう追加で7人会えばまた現れます。自分が好みにうるさいと思えば50人会えば、7人は自分を好きになってくれる人が現れるのでその中から決めたらいいのです。

友人はもう少し複雑です。数が倍になります。ここでも婚活と同じです。同じ目的(同じ趣味や共通の会話)を持った人に15人ほど会えば1人は現れます。

大人になってから、社会にでてから親友ができない

これは私は違うと思っています。大人になってから友人ができないのではなくて、出会い機会が極端に減るからです。

そしてこれにプラス共通の会話のネタ、趣味、性格も加わると知り合いは簡単にできても親友と呼べる人はできにくくなります。

しかしこれも実際は数うちゃあたるです。

相手も友人がほしいと思っている相手でかつ共通のネタがあれば15人に一人は親友になれます。

例えば、あなたがいるコミュニティーに気の合う人がいない、友人ができないと感じたら自分を責める前に新しいコミュニティー、新しい人に出会う努力をしてみてください。

友人作りがうまい人もいますが、たいていの場合は相手にとても合わせているので大変消耗し、その分愚痴も多くなります。

自分と会う人は最初から自分と合うのです。これは何度も例えば婚活で出会う場合にもお話しているのですが、自分を作れば作るほど、本当は合う人でさえ遠ざけてしまう場合があります。たいていは同じ環境で育った人、同じ価値観で育った人が合いやすいです。

自己評価が低い人は友人ができないのは自分に責任があると思いそこで友人作りをやめてしまうのですが、友人が多い人は自分が仲よくなれるタイプを知っています。

 

自分を変える努力よりも自分が仲よくなれる人をみつけるためにいろんな人と出会う努力をしたほうがいいです。集団では自分の良さを発揮できなくて嫌われてしまう人もいれば、1対1になると深くなれなくて嫌われてしまう人もいます。

自分がどんなタイプなのか見極めて友人作りをするとうまくいきます。

そしてひとりぼっちでどうしようもなくなっている人は私に相談のメッセージでもください(笑)もしくはブログをはじめるとか自分が楽しいことをはじめること。

そしてもしかしたら今いる自分の場所が合っていないのかもしれません。

職場を変えてみる、引っ越しで違う県に行ってみる、海外に行ってみる、恋人を探してみる、とにかく動いてみてください。

友人を作るよりも恋人を探す方が簡単です。今はマッチングアプリ(しかもきちんとしたやつ)もあります。そして、いまだに男性から相談のメールをもらったことはないのですが、女性経験がなくて女性とどう接していいかわからないなんていう恋愛問題児の方も相談メールください。

そして1度相談くれた方はその後の報告メールもくれるとうれしいです。どうなったのか気になります。コメントに書いてもらえば、コメントは非公開ですので安心してください。

それでは皆さんに素敵な誰かが現れますように。。。

 

モテる男性についてノートに記事をまとめました↓ぜひ読んで下さい

目次 1モテる男性のlineの仕方 1モテる男性の外見 2モテる男性の会話とモテない男性の会話 4モテる男性の女性の落とし方 5モテる男性のデート ↓

https://note.mu/renaidokuringo/n/nfeb3603cf9d7

 

 

 

 

人気記事↓

mucck.hatenadiary.jp