読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛毒りんご

一度口にしてしまったら本物の王子様が現れるまで目が覚めることはない。

傷つけてくる人

スポンサードリンク


できれば誰でもいい気持ちで毎日を過ごしたいですよね。しかし世の中にはなんだかいっしょにいるともやもやする人、あなたを故意に傷つけてくる人がいます。あなたは何もしていないのにかかわらずです。そんな理不尽な人から身を守る方法や心理をお教えします。

支配的な人、自分が中心の人からは離れること

まず支配的な人や自分が世界の中心な人はあなたの無価値観をおおいに刺激してきます。例えばあなたの服を非難してきたり、ネイルとかしないの?と言ってきたり距離感が本当に近いのです。

まずあなたは人との距離感を覚えなければいけません。相手と対等な関係になるには相手を認めて自分も認められる関係でないと破たんします。会社では上司を持ち上げないといけないかもしれません、ですが距離は保たないといけません、距離感の下手な優しい方が傷つけられてしまうのです。

 

大人になったら何でも言い合える関係は卒業

人の悩みをすべて聞いてしまったり、自分の悩みをすべて話してしまったり、自分が言われたくないことを言われるのを受け止めてしまったりしてしまう方がいます。子供から大人に成長するように人間関係も成長していかないといけません。

人のうわさは話さない、自分の話は半分に相手の話も聞く、嫌なことは受け入れない等、自分を守るためには大切です。

いつも目をつけられる人

ずるい人は弱い人をすぐに見抜きます。そして自分のイライラをあなたにぶつけてストレスを解消してきたりします。これが職場等で出会ってしまうと大変です。まず自分を愛して自分にバリアを作ることが大事です。自分を大切にしている人に攻撃してくる人は少ないのです。身だしなみをきちんとすることも自分を守るポイントです。余計なことを言わないようにすることも自分を守るポイントです。

特に日本は気を使ったり、察したりという文化です。それが得意な人には住みやすいですが、苦手な人は本当につかれてしまいます。

あなたがもし今の人間関係に満足できていない、傷つくことが多いなら付き合う人を変えるべきです。それは自分を大切にすることにつながります。

自分を大切にしていればきっとあなたを心からわかってくれる相手に巡りあえることでしょう。

 

 

mucck.hatenadiary.jp