恋愛毒りんご

一度口にしてしまったら本物の王子様が現れるまで目が覚めることはない。

20代でやっておくこと、30代でもっと輝く方法

スポンサードリンク


20代の10年は人生で一番悩んだり、努力したり、全力で遊んだり、

今後の人生に大きな影響を与えてくれます。

あなたが今20代後半だとしたらやり残したことはありませんか?

30代になれば今までの武器だった容姿や若いから許されるという武器が

だんだん使えなくなってきます。

社会的地位も変わり、だんだん異性からの評価も変わってきます。

周りはちらほら結婚をしはじめ、家庭を作っていきます。

30代から始めてもできないことや評価してくれないことが増えていきます。

その為に今日は20代でやっておけば30代でもっと輝ける方法を教えます。

 

1、不要な人間関係を整理する

20代はただなんとなく周りにいる友人学校等が同じだった友人と関係を続けて、

自分に誰が合うか誰が合わないかあまり理解していません。

すごく合うと思っていた長年の友人が実は全く合わないと気付いたり

一緒にいて自分ばかりが気を使って楽しめていないと気付いたり、

マウンティングされて傷ついてしまったり

落ち込んで毎日くらい気分になってしまう友人関係は整理して

新しい出会いをたくさん広げておかなければなりません。

30代は友人と出会う機会も減っていくので

20代のうちに友人を総入れ替えして自分が心地よく生活できる人間関係にしておかないと

30代から友人が一人もいないなんてことになってしまいます。

2、パートナーを全力で見つける!!

20代は結婚に焦らないかもしれませんが、

年々パートナーを見つけるのが難しくなっていきます。

なぜかというと若いうちは自分も相手も素直で打算的ではありませんが、

だんだん自分も相手も要求する項目が多くなっていき、

仕事が忙しくなり時間も減っていきます。

女性が30を超えている場合、

男性はよっぽどの覚悟がないとお付き合いを申し込んでこないというのも厳しいですが事実です。

一緒にパートナーを探していた友人がどんどん結婚していけば

あなたを合コンに連れていってくれる相手もいなくなりますし、

どんどん難しくなっていきます。

3、キャリアを作る、自分のやりたいことを見つけておく

30代になるまでにこれを見つけておかないと

30代から見つけることはとても困難になっていきます。

将来何の仕事をしていくのか全力で考えないといけません。

そして29歳までには人生の仕事のビジョンを決めておき、

経験を少しでも積んでおき30代がはじまるころには

もうスタートしている状態でなければなりません。

30代は仕事と家庭に全力を注ぐようにすることで30代が輝けるのです。

30代に仕事と家庭に全力にならないと

40代がどんどん厳しくなっていきます。

4、デブにならないように体形を維持

体形?と思った方もいるかもしれませんが、

30歳から老けたなーと言われるタイプは太ってしまった方です。

しかもなかなか体重が落ちにくくなっていくので

一度すごく太ってしまえばそれがたるみ、しわになり、しわになれば治せなくなってしまいます。

体型が若いだけで男女とも若く見えますし、

どんどん異性を意識しなくなっていくので

自分で自分の体形を管理しないといけません。

そして健康にも注意しないといけません。

ストレスをためない、健康に注意する、体にいいものを食べる、

この習慣が身につくように環境を20代のうちに整えましょう。

5、自分の取り扱い説明書

 

20代のころは自分についてあまり知らないので

あまり気がのらなくても行って疲れてしまったり、

自分の見せ方を知らないために人から誤解されてしまったりします。

自分はどんな人と合ってどんな人と合わないのか、

自分はどんな異性と合ってどんな異性と合わないのか、

自分は何が好きで何をしているときが心から楽しめるのか、

自分の取扱説明書を自分で作らないといけません。

自分の住む場所についても決めていかないといけません。

あなたの住む場所はあなたをわくわくさせてくれているか、

あなたが毎日幸せでいられるか考えてみましょう。

そして大事な人についても知る努力をしましょう。

あなたの大事な人は何が好きなのか、何をされると喜ぶのか、

何を求めているのか、

そして自分ができる努力は20代でも30代でもしていかなければなりません。

20代は性格形成に大きく影響します。

20代を全力で過ごせれば30代も輝いたものになるでしょう。

人はいつからでも変われます。

素敵な20代、30代を過ごせるように願っています。

 ↓モテる女性になる方法

 

 人気記事↓

mucck.hatenadiary.jp