読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛毒りんご

一度口にしてしまったら本物の王子様が現れるまで目が覚めることはない。

結婚がつまらない。結婚後辛い、楽しくない、大変の3T。

スポンサードリンク


結婚なんかするんじゃなかった。。。

日本で一般的な人生というのは、学生時代は勉強、またはスポーツに熱中し、

そして、良い大学に入り、良い就職先を見つけ、

30までに結婚し、一生同じ会社で朝から晩まで働き、妻にお金を管理され、

老後の貯蓄、家の購入の為におこずかいで生活する毎日。

読んだだけでも大変そうですが、これが日本の一般的な家庭、そして人生です。

女性側の不満は、

旦那が育児に協力してくれない、結婚したら一気に友人がさーっといなくなり、一人での子育てが始まった。

旦那が子供っぽい、いつまでもゲームや趣味にお金を費やすのはやめてほしい、義理親の干渉が嫌、旦那を異性として見れない、旦那が偉そう、生きがいがない。。。等。

それでも独身女性に対しては

「結婚はいいよー早くしたほうがいいよー」と言います。

確かに結婚は安定、そして子供は可愛いですが、独身女性が結婚したら、

「おめでとー絶対幸せになれるよー」なんて言いますが、

内心こう思ういます。

「ようこそ、こっちの世界へ。これからは誰も助けてはくれないよ、修行みたいなもんだよ、まあ一人で頑張れ」

そして心の隙間を埋めるために女性はいい家に住み、裕福な暮らしをし、

子供をいい学校にいれ、見栄を張り続けることに人生をささげてしまうのです。

 

一方男性側の不満は、嫁が働かない、専業主婦なのにごはんを作らない、

自分の親とうまくやってくれない、自分の趣味にケチをつけてくる、

朝から夜まで働いているのに辛さを分かってくれない、

嫁にセックスを拒否される、自分で稼いだお金は自分で管理したい。。。。等。

そして独身男性に対しては

「結婚はいいよー早くした方がいいよー」と言い、幸せな写真をフェイスブックにUPします。しかし独身男性が結婚したら、

「おめでとー幸せになれよ」なんて言いますが、

内心こう思います。

「ついにしちまったな、お互い頑張ろうぜ、定年するまで。次生まれ変わったら俺は絶対結婚しないけどな」

そして次第に男性は風俗に通うようになり、ばれない程度におこずかい程度に楽しみます。

そして朝から夜まで働き、なぜか家に帰るのが嫌になり、時間をどこかでつぶし、疲れているので妻とは会話もせず朝を迎え、会社にいく。

だんだん会社の人が親戚かなにかに思えてくる。

そして妻には何を言っても無駄なので、隠れてへそくりをしたりわずかなおこずかい(昼食含む)で毎月をやりくりするのです。

 

ああ、結婚てこういうものなのか。。こんなに楽しくないんだ、辛いんだ、大変なんだね。。。お前も苦労しろよ、絶対苦労しろよ!!男女共にこう思うのです。

 

どうして日本ではこのような夫婦生活になってしまうのでしょうか?

まず圧倒的な原因は低賃金、長拘束が当たり前になっている日本の会社です。

会社というのは上位の10%の人だけが得をするようにできています。

あなたが想像できないような額を上位の10%の人だけで握りしめています。

このようなシステムでも生きるために働かなければいけません、

まずはこのシステムを改善しないといけません。

そして休みがとりにくく、有給消化はもちろん無理。

サービス残業はあたりまえ、みんなおかしい!

と思いながらもそれを口にすることはクビを意味するので働きます。

そして、新しく入ってきたものには、お前も苦労しろと風あたりを強くするのです。

そして次の問題は海外では女性も男性と同じように働き、

専業主婦でいると病気を疑われるほどですが、

日本では専業主婦は一種のステータスになってしまっていること。

もちろん、女性が働くために保育園、ベビーシッター等の充実、男女均等雇用等が行き届いていないことも原因となっています。

そして海外ではお金、生活費の管理は男性がします。

なので女性は不安になり働きにでるのです。

しかしこれが改善できれば

女性側は旦那が育児を手伝ってくれない(旦那の仕事が忙しいから)→男性側は育児、家事をしなくてラッキー

男性側は俺ばかり損をしている気がする(女性が働かないから)→女性側は働かなくてラッキー

このようにお互いが得をしあっているようで首を絞めあうことをやめれば

もっと幸せになれるかもしれません。

そして辛くなったら休んでみる、旅行に出かける

新婚時の写真を見て幸せな気持ちに浸る

何億人もいる異性の中からめぐり合えた

たった一人の相手です。よく話合って

素敵な関係を作っていけることを願っています。

 

人気記事↓